2013/07/25

866インライン直仔からの幼虫

こんばんは、abikuwa2012です。

13年度の最主力の種親であった866インライン直仔ペアから
なんとか幼虫を取ることができました。
この♂は、当初DVが酷く、2♀を★に
危うく、唯一のインライン♀も失うところでしたが、
なんとか救出できました。
この後も何頭か、他の♀とペアリングさせることで、♀に
慣らさせて、3度、ペアリングを実施
ようやく、幼虫を取ることが出来た次第です。
これでアウトライン♀1頭から、インライン♀1頭から、
計2頭から幼虫がとれたことになります。
この♂には、本当に苦労させられました・・・
幼虫が取れたとは言え、インライン幼虫は数頭と少ない数ですので、
大事に育てたいと考えています。

↓とても下手な写真ですみません!

IMG_1871.jpg
スポンサーサイト
2013/07/23

2014年ブリード計画 草案

こんばんは、abikuwa2012です。

幼虫の割り出しと菌糸瓶への投入が終わると、
しばらくやることも無いので、
もう心は、次年度のブリードの事を考えています。
皆様のブログを拝見すると、既に、来年用の補強をしている
方が多いですね。
我が家では、2014年は、今年同様、
主に「871・866系」で組み立てています。

自己ブリでの2013年羽化個体、有名ブリーダー様よりの補強個体と
着々と進めています。

今の段階での計画では、
◎能勢YGラインに絞り
①ギネス871同腹、直仔ライン・・・5ライン
②前ギネス866直仔、直孫ライン・・・12ライン
③他ライン・・・2ライン
合計19ライン

次年度も豪華メンツをバッチリ揃えて、素性がわからない様な
♀は一切、使用しないでいきたいと考えています。
「血統頼みブリード」で来年もいきたいです。

種親は、今後、紹介していきます。
2013/07/11

羽化報告 6

こんばんは、abikuwa2012です。

私の子供の頃に比べれば、5℃くらい高い気温の様な気がする毎日ですね。

さて本日は、前回紹介しました、前ギネス866直仔からの仔と同じく、
866系の♂の紹介です。
これで、2012年の全ての幼虫が羽化しました。
今回紹介する、この成虫が2012年では、最大で羽化してきた♂になります。

●親のデータ
 ・♂親 86.2mm 前ギネス866直仔(86.6×53.2 アウトライン 1002)
 ・♀親 55.4mm 前ギネス866直仔(86.6×53.5 インライン 1001)

IMG_1854.jpg

●82.5mm
 最終交換時の体重 30.3gからの羽化です。
 先日紹介した82.0mmも含めて、2匹とも無事に羽化してくれて、
 ありがとう!

 866血統は期待を裏切らないですね!
2013/07/08

羽化報告 5

こんばんは、abikuwa2012です。

本日は、残り2頭になりました、今年の羽化個体の紹介です。

♂親86.2mm
♀親55.4mm
ともに、前ギネス866直系直仔です。

IMG_1851.jpg

6月20日羽化
♂82.0mm

頭幅もあり、
性格も、今は、おとなしくていい♂です(脱DV)

2月の加温時に幼虫のあばれで、最終計測時には、30gでしたが、
なんとか、82mmで羽化してくれたので、
とても、うれしい事です。

来年の種親候補です。
もう、あと1匹、同じ866直仔の♂がいますので、
無事に羽化して欲しいですね。
2013/07/02

2013年の期待ライン

こんばんは、abikuwa2012です。

本日は、今年の期待ラインの紹介です。
ギネス871同腹♂845インラインは言うまでもありませんが、
アウトラインの2♀にも相当、期待しています。

①♀51.0mm
(♂親85.4mm×♀親53.0mm)
以前も紹介しましたが、銚子オオクワガタ倶楽部SBCのメンバー
「hizo」さんブリードの個体です。

②♀55.0mm
(♂親85.4mm×♀親52.4mm)
「Gull」さんブリード個体(能勢6番YG1106)です。
この♀の同腹では、♂84mm台が2頭、83mm台も2頭羽化しております。

845の相手としては、申し分ない、アウトラインですので、
しっかり幼虫を取りたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。