2015/10/27

来期 期待の種♂

こんばんは、
abikuwa2012です。

空気が乾燥して風邪が流行りそうな空気になってきました。
今年は早めにインフルエンザの予防接種を受けた方がよさそうですね。

今回は来期の主力ペアと考えております、
ヤスコングさんの1405ラインの紹介です。
親は1225ライン(ギネス871×ギネス866直仔)×ヤスコングさん858ライン
とても楽しみなペアを譲っていただきました。

前回紹介の1429ラインとともに、我が家、期待の16年度ラインです。

この♂にどの♀をつけるのか?
今から楽しみです。


スポンサーサイト
2015/10/24

これが実力・・・

連続のブログ更新です、
1年以上やっていなかったので、大した内容ではないですが、
これが今の実力と反省し、次年度につなげたと思います。

種親は素晴らしい血統なのですが、
管理の甘さからこのサイズの羽化になってしまいました、
♂はこの1匹のみ♀は3頭ほど羽化しています(50mm~52mm)
我が家で今年羽化の数少ない内の4頭ですので、大切に次年度につなげたと思います。

種親は♂82.3mm(ヤスコングさん866inライン1301ライン)×♀50.9mm(ワイドカウさん12YGA5ライン)
IMG_3184.jpg

※しかし写真を撮るのは難しいです、こちらもまったく進化なしです・・・すみません
2015/10/24

今年の菌糸

こんにちは、
abikuwa2012です。

今日もいい天気ですね、
秋の長雨~秋の晴天へ いい気候になっています。

さて今年はブリード数が少ないので、菌糸にかかる経費も少ないと
考えていたのですが・・・
我が家は今年も全て、既製ボトルを購入していますので、
詰める時の問題は発生しません。
当然、交換時には消毒をしながら、気を付けて行います。

8月に2本目に交換したS3は全て、3本目に再交換となりました。
その数、約70本、
交換時、幼虫の体重は、ほぼ2本目交換時よりも10~20%減っています。
本来ならば、2本目の新たな菌糸を食べて、伸びる原理ですが、
今年は異常です。
菌糸の傷みが早く、激しく、傷んでいるというより腐っているという感じです。

残りの菌糸は全て「LEVIN-G」を使用しています。
昨年は「LEVIN」で手痛い目にあいましたので、
(ボトル納品時からカビが生えていた)
今年の使用はやめようかと思いましたが、
約30%を保険として使用しました。
こちら(LEVIN-G)は、今年は問題がないのですが・・・
ただし、セール品の既製ボトルで購入した「LEVIN-SP」(期間限定品)は、
持ってすぐにわかるくらい、中身がスカスカで、軽いです。
何これ?といった感じです、
菌糸が微粒子で、初期幼虫が食べやすいかと思い毎年使用していますが、
このような状態では・・・来期はもう、使用しません!
出来ればワンブランドでいきたいのですが、
ここ何年か、必ずどこかの菌糸でトラブルが起きます。
だからみなさんは保険で2社~でやっているのだと思います。
菌糸も生き物ですので、「安定」はしないものですね。

この状態ですから、今年も厳しい年になりそうです。
もちろん菌糸だけの責任では無く、何年やっても成長が無い、
私の技量不足が一番の問題ですが・・・
たかが趣味のことなのに・・・とも思いますが、
結構、お金もかかる趣味なので、暗くなってしまいますね。

あくまでも菌糸メーカー様の中傷では無く、
私見ですので、
ご了承下さい。
2015/10/19

補強&リベンジ

こんばんは、abikuwa2012です。
今回は急遽、補強したペアとリベンジのお話しです。
一昨年、ヤスコングさんより866系インラインペア(1301)を直接購入しました、
残念ながら、同腹♀からは幼虫は取れませんでしたが、
お世話になっている「gold757さん」から譲り受けた、同じく866インライン♀から
4頭の幼虫が取れ、4頭が♂1頭(81.0mm)、♀3頭(52.8mm,49.3mm,47.5mm)で羽化しました。
(昨年残した、数少ない貴重な幼虫からでした)
前々回のブログでも話ましたが、購入した♂82.3mmは今年も最後の活躍してくれて(6月★)
1頭の♀(871同腹仔)からの幼虫が途中経過ですが、結構いい幼虫を出してくれました。

866系でなんとか良い実績が出せないものかと思っていた矢先、
ヤスコングさんのヤフオクを発見し、そのオークションに参加していた方が、
1429ライン(847系100%)866系の問い合わせをしているのを見て、
思わず、私もヤスコング様に「1429ラインはまだ、ありますか???」と
問い合わせをしてしまいました。
その結果、ヤスコングさんのご厚意により譲っていただいたのが、
この「1429ラインペア」です。
♂は1301ラインで譲っていただいた時と同じく「82.3mm」でした。
来期、このインラインペア+今年我が家で羽化した、1301ライン♀
+ブログでお世話になっている「タケセイヨウさん」から譲っていただいたペアも含めて、
866インラインへ再チャレンジしたいと考えております。
もちろん、このラインが主力ラインとは考えておりませんが、
少しでもこのリジェンド血統が残せるようにチャレンジしてみたいと
考えています。
こちらからの要望に即答、即対応、即納していただいた
ヤスコング様には、感謝しています。
本当に、ありがとうございました。

2015/10/12

今日のワンコ

こんばんは、abikuwa2012です。

クワネタも無いので、
今日は我が家の宝物「チャロくん」です、
もう10歳ですので、なんか老けて見えますね。
仕事から帰ると、「お帰り~」と
元気に迎えてくれる、
とても癒しになるチャロ君でした。
長生きして欲しいものです。

※いつもご覧いただきありがとうございます。
 皆様のブログもいつも拝見させていただいておりますが、
 ほとんど読み逃げ状態です。
 ごめんなさい・・・


2015/10/07

2本目へ交換

こんばんは、abikuwa2012です。
ようやく天候も気温も秋めいてきました。
我が家では今年、109本の幼虫を飼育しています。
その内のほぼ90%が2本目への入れ替えを終了しました。

結果は、他のブリーダー様のように35g以上が〇〇本など
到底むりで、
34gが1頭、33グラムが3頭、他~という結果です。
この34gは「ワイドカウさん」からオークションで3頭購入した、
内の1頭で、現ギネス88mmからの直仔です。
実はこの幼虫は菌糸ボトルの傷みが激しくて、2か月で交換したものですので、
次の交換時がとても楽しみな1頭です。

33gの幼虫は、「ヤスコングさん」からこちらもオークションで購入した
4頭の内の1頭で847系の期待出来る親からの幼虫です。
やはりトップブリーダー様から購入した幼虫は大きく伸びますね。
今まで、他人様から購入した幼虫であまりいい結果が出ていませんでしたが、
今年は期待できそうです。
もちろん私のレベルが低いことが、今まで結果を残せなかった一番の原因ですが・・・

自己ブリの60頭では、最高が33gで、
13年に「ヤスコングさん」から購入した866系100%の♂(残念ながら6月に★)
と前ギネス871系の♀からの幼虫です。
このラインは結構当たりラインですので、次の交換時が楽しみです。

今年も全頭、冷やし虫家内でのブリードになります。
今年はS3を主力菌糸として選びましたが、
何の理由か?今年は傷みが昨年使用時よりも早くて、
幼虫投入2か月で交換するボトルが多かったです。

今年は「裏年」として、リハビリ期間ですが、
来期はしっかり結果を残せるようなブリードをしたいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。